デッキテープの貼り方

サイズの確認

サイズと位置を確認します。 一般的なストリート用スケートボードなら横幅が9インチ、大型のデッキは横幅10インチのデッキテープが適しています。

サイズの確認
サイズの確認

貼り付け

台紙を剥がす

台紙を10センチくらい剥がします。

台紙を剥がす
台紙を剥がす

貼り付け

デッキの端から貼っていきます。 台紙を少しずつ剥がして空気を抜きながら貼るのがポイントです。

貼り付け
貼り付け

圧着とエアー抜き

デッキテープを全面に貼ったら台紙を使って圧着します。 接着面に空気が入ったときは先の鋭い安全ピンなどを使ってデッキテープの表面に穴をあければ空気を抜くことができます。

圧着とエアー抜き
圧着とエアー抜き

角出し

使い古したドライバーなどでデッキの端をなぞって圧着します。 削れた鉄粉でデッキの形が分かるくらい行います。 鉄粉がデッキテープをカットするときの目印になります。

デッキテープの角出し
デッキテープの角出し
デッキテープの角出し
デッキテープの角出し

切り口のカット

切り口をカットします。ここからデッキテープのカットを始めます。 初めてデッキテープの貼り付けをするときは切り口を数カ所、カットしておくことをオススメします。 切り口が複数あるとカットの途中で余分なデッキテープを取り除けるので作業がやりやすくなります。

切り口のカット
切り口のカット
デッキテープのカット
切り口の位置

カット

先ほど作った切り口からカッターナイフを入れてデッキテープをカットします。 カッターナイフはデッキの裏面から入れます。 デッキ本体をなぞるようにカッターナイフを動かしてカットします。

デッキテープのカット
デッキテープのカット、ノーズ、テール
デッキテープのカット、ノーズ、テール

切断部分の仕上げ

デッキテープのカットが終わったらもう一度、使い古しのドライバーなどでデッキテープの切断部分を圧着します。 この作業をすることでデッキテープが剥がれにくくなります。

切断部分の仕上げ
切断部分の仕上げ

ビスの穴あけ

先の鋭いドライバーなどでトラックを固定するビス穴を開ければ完了です。

ビスの穴あけ
ビスの穴あけ
スケートボード部品の紹介に戻る