二度目の名取市役所で・・・・


本日は2度目となる名取市役所に日本サーフィン連絡協議会様からお預かりした支援金を名取市長様にビーチの復興とサーフィンが元通りに出来ますようお願いしてまいりました。もともと海には凄くご理解を戴いている市長様でしたので、海岸清掃の件、強く願いしましたら月一度、日曜日に限り、通行許可を出してビーチクリーンさせていただけるそうです。ありがたいです。今回は地元に新しく根付くためSHOPを構え、仙台サーフショップユニオンに加盟して私達の活動に参加する決意を固めたグラッシーサーフの高橋雄治君に名取の海を任せて行きたいと考え同行しました。雄治頼んだぞ!8月後半にはご担当の太田様からご連絡を戴いて日程やルール作りに入ります。又、一つ前進です。
これで今回、日本サーフィン連絡協議会様からお預かりした支援金を全てお届け出来ました。日本全国から連絡協議会様を通じてご支援にお力をお貸しいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。
重ね重ねになりますが、宮城県全てのサーフポイントが復興出来ますよう、宮城津波支援金を9月末日までお願いさせていただいております。是非、お力添えいただけますようよろしくお願い申し上げます。
仙台 サーフショップユニオンより宮城津波支援金のお願い
3月11日に起きた東日本大震災から3ヶ月がたちました。被災されました皆様にはお見舞いを申し上げます。又、全国から支援物資や義援金、暖かい励ましのお言葉を頂き、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
 今まで私達が大切に守ってきたポイント周辺は壊滅的な被害を受けたままになっています。海中には沢山のコンテナ類が沈み、海岸線においては多くの漂流物、がれき、車などが散乱し、今も立ち入り禁止となっております。それらを撤去し元に戻すには莫大な費用と時間がかかります。
 現在、宮城県民は以前の生活を取り戻そうと一人一人が努力しています。もちろん私達サーファーもその一人です。仙台サーフショップユニオンでは少しでも早く震災前の日常を取り戻すために何かできることはないかと模索してきました。その結果、いままで数多くの恩恵を受けてきた震災前の海に戻すために、海岸線の復興が不可欠との結論に達しました。
 しかしながら、私達の力だけでは解決できる問題ではありません。そのためにも一日も早い復興を遂げるために、全国のサーファーの皆様へ海岸線復興のご支援をお願いする次第であります。宮城津波支援金は海岸線復興の嘆願書と共に村井宮城県知事へ届け、一日も早い海岸線の復興を知事に嘆願する予定になっております。
 是非、仙台サーフショップユニオンの活動に賛同して頂き、皆様のご協力をお願いしたいと存じます。
仙台サーフショップ ユニオン
会長 澤地 聡一
宮城県仙台市宮城野区田子字入12-1
電話・FAX番号 022-259-6606
宮城津波支援金は下記の口座で受付ております。
期間は6月21日~9月30日までとさせて頂きます。
ゆうちょ銀行
記号:18180
番号:12685421
口座名義人:サワチ ソウイチ
他金融機関からお振込の場合
店名: 八一八(読みハチイチハチ)
店番: 818 
預金種目: 貯蓄預金
口座番号: 1268542

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA