水質調査と仙台新港駐車場利用状況


先日、ミィーティングで決定いたしました水質調査と放射能測定を本日行いました。まずは七ヶ浜。

砂も摂取(サイズがあるので大変な様子です)

まずは七ヶ浜を完了。

続いて仙台新港にウエットを着たままで移動(本日摂取いただいた菊田様2箇所お疲れ様です)

仙台新港も完了!

その足で宮城公衆衛生協会様にお届けして・・・。

書類を提出し状況などを説明、思いのほか時間がかかり三度、仙台新港に。

夕方、2時間半ほど駐車場の利用状況の問題点や今後についてお話いたしました。仙台塩釜港湾事務所様からは、第二駐車場のガードレールを超えて海に降りる方が多い為、看板を設置し更に注意を呼びかけるそうです。(一般の利用者がまねをして怪我などがあった場合、公園管理者に責任が及ぶことになり公園駐車場の閉鎖も考えなくてはならない状況になるそうです)私達サーファーがモラルある行動で一般の利用者の見本になっていけるように行動していきましょう。

その後、ビーチクリーンのやり方について打ち合わせいたしました。駐車場の台数が限られていること、人の手では処理できないゴミなど今後どのようにしていくか。課題は山積です。

最後に海中にある突起物や危険物の位置を説明しました。サーフィンをするのに危険であることを説明し、今後どのようにしていくか話し合っていきます。
仙台塩釜港湾事務所様も私達サーファーの意見に耳を傾け、お話を聞いていただいております。私達も数少ない港湾事務局様のお願いを真摯に受けとめ、皆さんで力を合わせてルールとマナーを守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA