震災ガレキ撤去


昨日はかねてより仙台港湾事務所様にお願いをしていた仙台新港のテトラ脇に突き出ていた鉄の破片とテトラに横たわっていた木を撤去していただきました。

昨年より何度か現地で打ち合わせをしていた場所を再度当日も確認

海に入り再度確認して帯を掛けて撤去作業開始

手で触れても細い枝が折れるぐらい水分を吸っていたので釣り上げたら折れることが予想されましたが、ゆっくりと引き上げていただき一箇所成功

(横たわっていた木)

続いてテトラ脇の鉄の突起物の周りの砂を除けて帯を掛けましたが

重さに耐えられず帯が切れてしまい、ワイヤーロープを掛け直し

左右に揺さぶり少しずつ引き上げ

海の色が茶色にかわり上げてみると大きなコンテナの鉄枠でした

一番先端が海面に出ていた鉄の部分

今回、工期に追われお忙しい中、貴重なチャンスをいただき、快く重機を砂浜まで入れてくださいました日本道路株式会社 柳川様には心より感謝いたします。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA