希望の光!


今までに無い夏を向かえ、サーフィン自粛区域での波乗りを心を強く持ち、私達と同じゴールを見つめて自粛していただいている皆様に毎日本当に心より感謝いたしております。ありがとうございます。長い道のりになるかも知れないそんな自分との戦いに自ら挑んでいただいている皆さんに、希望の光が一つ射しかかって来ました。ただ今、日本サーフィン連盟様からのメールで・・・・、BIGニュースが・・・・!

■国内最大級のアマチュアサーフィンコンテスト!!!
第46回全日本サーフィン選手権大会(2011)がもうすぐ開幕、ヒート表が大決定!!!

 

いよいよ、主催大会第2戦、全日本選手権大会が8月24日(水)より開幕します。

今年は、南国の宮崎県日向市のお倉ヶ浜海岸に会場を設け、約900名の支部予選を勝ち抜いた精鋭選手が集結します。選手宣誓は、昨年度、シニアクラス優勝者、宮城仙台支部の加藤孝紀選手が選手代表として宣誓をしていただき、大会は開幕します!・・・とのメールでした。

加藤孝紀選手(通称マカ)の選手宣誓での開催が逆にNSA側から発表となりました。マカも私達の考えに賛同してもらって自粛地区での波乗りの自粛を貫いている男!皆さんの期待と希望に必ず応える男!みんなで絶対に心から応援しましょう!一緒の気持ちで宮崎の波に乗りましょう!きっと私達のぶんまで乗ってくれます。頑張れマカ!頑張れ宮城仙台!心は一つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA